自己破産にかかる費用【法律家のプロ頼り】

女の人

なぜ利息を払いすぎるのか

お金

利息を払い過ぎの仕組み

テレビCMなどでよく耳にする過払い金、これは消費者金融のような貸金業者に対して本来払う必要のない利息を払ってしまったお金のことをさします。熊本にも多数の金融機関があり、個人に融資をしてくれるカードローン会社がありますが、なぜ利息を払いすぎてしまうのか、それには2つの法律が関係しています。2010年に貸金業法が改正される以前、出資法の上限金利は29.2%、利息制限法は15%〜20%を上限としていたのです。上限金利を定める法律が2つ存在していたことが問題であり、利息制限法の上限金利20%〜出資法の29.2%の金利のことをグレーゾーン金利といいます。利息制限法の上限を超えて融資をすることは違法ではありましたが、みなし弁済という規定に定められる条件をすべて満たした場合、20%を超えても有効とされていたのです。このみなし弁済を盾に貸金業者は、出資法で融資することを問題ないとしていたので。しかし、多くの貸金業者がみなし弁済に定める規定をすべて満たしていないことなどがあり、違法である判決が多く出たなど、過払い金返還請求ブームがその後起きるのです。注意しなければならない点は、グレーゾーン金利で契約していたからといって必ずしも過払い金が発生しているとは限らないことです。利息制限法の上限を超える金利で最低5年以上の取引していないと発生していないことがひとつの条件となります。ただし、個人では過払い金が発生しているか判断するのは難しい面もありますので、熊本にお住いの方は熊本の法律事務所に相談をすることです。熊本市内でも無料相談会を行っていることもあるので、そこで相談ができます。